頭皮には化粧水が必要!頭皮環境悪化で薄毛が進行!

頭皮が痒い、フケが気になるなんて悩みを抱えていませんか?頭皮の環境が悪くてもそのうち良くなるだろうと放置してしまいがちです。また頭皮が痒くてついつい指で掻いてしまっていたり、知らないうちに大きなニキビが出来てしまっていたりと直接目で確認することが出来ないため、気が付いた時には結構悪化しているものです。頭皮をきれいにしようと思いゴシゴシ洗いをし過ぎてはいませんか?頭皮をきれいにしているとその分しっかりとした髪が生えてくると思っている人も多いですが、ゴシゴシと洗うことで頭皮環境を悪化させていることもあるのです。

実は頭皮は毛穴が大きく数も多くそして皮脂腺が多いとされています。毛穴から皮脂が分泌され皮脂に覆われていますが、頭皮の痒みは皮脂のバランスが影響しているのです。皮脂は頭皮の水分を逃がさず刺激からも守ってくれますが、多くても少なくてもよくありません。皮脂が多いと皮脂が毛穴を塞ぎ炎症を起こしてしまいますし、頭皮のターンオーバーも正常に行われなくなってしまいます。そうなると古い角質が頭皮に残りより炎症が起こりやすい環境をまねいてしまいます。

また皮脂が少ない場合頭皮の乾燥をまねいてしまいます。シャンプーのし過ぎや洗浄力の強いシャンプーを使用していると必要な皮脂までを洗い流し角質がむき出しになり、角質層が荒れフケやか痒みをまねいてしまいます。乾燥肌という人は頭皮も同じく乾燥しやすい傾向にあります。そして年齢が上がると頭皮の血流が悪くなり乾燥しやすくなります。触ってみてごわつく、弾力がないという人は要注意です。

頭皮の乾燥は頭皮専用の化粧水を使うといいでしょう。髪の毛にはトリートメントを付けるのと同じように頭皮にも化粧水を付けてしっかり保湿してあげることがおすすめです。フケやかゆみ以外にも抜け毛予防にもつながるため化粧水を付けてマッサージするといいでしょう。女性の髪の毛は男性と比べて髪の毛が長く乾かすのに時間がかかります。そのためドライヤーなどの熱風にさらされる時間が長くなりその分乾燥しやすくなります。頭皮のケアは薄くなってから、痒くなってからするのではなく、お肌同様に常にケアしておくことが大切なのです。頭皮もお肌の一部ということを忘れないようにしましょう。

頭皮環境が悪いまま放置していると毛の生え変わりの周期が乱れやすくなってしまいます。ハリやコシのない細い髪が生えてきたり、抜け毛が増加してしまいます。また毛穴から生える髪の毛の量が3本から1本になったりと薄毛が進行してしまいます。もし頭皮に湿疹ができていて改善が見られないようであれば病院を受診するのもいいでしょう。季節の変わり目などは頭皮の環境が悪くなる傾向にあります。しっかりケアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。