コーヒーの飲み過ぎはNG!薄毛にはココアがおすすめ!

薄毛にはワカメを食べるといいというのは良く耳にする話です。実際ワカメには髪の毛を育てるのに必要なたんぱく質やミネラルなどが豊富に含まれているため、薄毛に気になる人は海藻類を積極的に食べるといいと言われています。髪の毛や体に不調が現れるとついつい食べ物には気を遣いますが、飲み物はついつい二の次になってしまいます。水分補給として頻繁に水分を口にしますが、髪の毛を育てるうえで飲み物に気を遣うことはとても大切なのです。

私たちの体は約70%が水分で出来ているといわれ、たかが水分と思っていてはいけないのです。どうせ摂取するのであればより髪の毛にとって良い物を摂取したいそう思いますよね。髪の毛にとって良いとされるのがココアです。ココアにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり活性酸素を減らす効果が期待できます。また血行促進の効果もあるため頭皮のサイクルを正常に戻してくれる効果があります。ヘアサイクルが正常化すると髪の毛に十分な栄養を届けることが出来るため強くて健康な髪の毛を作り出すことが出来ます。

そして豆乳もいいでしょう。豆乳は大豆で出来ており大豆にはたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質には髪の毛の生成や成長に大きく関わっている成分なのです。そして大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするといわれており、薄毛を進行させる男性ホルモンを抑制することが出来るのです。豆乳の味が苦手という人は料理に取り入れるといいでしょう。ローズマリー茶もいいでしょう。シソ科のハーブであり、高い抗酸化作用があります。頭皮の血流改善やストレス改善にも効果がると言われており抜け毛に効果です。

そして髪の毛に良くない飲み物もあります。仕事中コーヒーを何倍も飲むという人も多いですよね。コーヒーにはカフェインが含まれており、飲み過ぎてしまうと眠れなくなってしまったり、髪の毛に必要なたんぱく質や亜鉛が作られにくくなってしまいます。適度な量を守り飲み過ぎないようしましょう。また炭酸飲料も多くの糖分を含んでいます。糖分を摂り過ぎてしまうと皮脂の分泌量が多くなってしまい頭皮に悪影響です。

どうせ飲むのであればより髪の毛に良いものを摂取したいものです。もちろんこれを飲んだからといって薄毛になってしまうというわけではありませんが、日常生活において体や髪の毛に気を遣う食生活をすることはとても良いことです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。