髪をとかすだけじゃダメ!正しいブラッシング、ブラシ選びで薄毛改善!

あなたはちゃんとヘアブラシで髪の毛をとかしていますか?ロングヘアならもちろんですが、たとえショットカットと髪が短くてもヘアブラシでしっかりとかしておくことが大切なのです。そもそもヘアブラシはスタイリングや絡まった髪の毛をほぐすために使われます。もちろん見た目改善の為に使用しますが、髪が切れてしまったり、毛根にダメージを与えてしまうためしっかりほぐすことが必要です。またヘアブラシを使用することで頭皮に分泌される皮脂を髪の毛全体に行き届かせることが出来るのです。皮脂は髪の毛にとってコンディショナーのようなものなのです。

そしてマッサージの機能も兼ね備えています。柔らかめのブラシで髪の毛をとかすと程よい刺激で血行が良くなります。血行が促進されると薄毛改善にもつながるのでたかがブラッシングと思っていてはいけません。ブラシの中ではコームが一番コンパクトで持ち運びにも便利なので愛用している人が多いですが、コームの場合抜け毛や薄毛予防には効果が期待できません。今の時代100均でブラシを購入する人も多いですが、そういったブラシはただ単に髪をとかすという機能しか兼ね備えていないためあまりおすすめできません。頭皮や髪の毛のことを考えると竹や木などの天然素材のものを使用している、ブラシの先がとがっていないもの、台座が柔らかいもの、幅広なパドルブラシタイプのもの、静電気防止加工を行っているものがいいでしょう。頭皮のことを考えるとより刺激とならないようにブラシの先に球状のものが取り付けてあるものを選びましょう。

ヘアブラシは無理に髪を引っ張ったりすると髪の毛自体が切れてしまったりと毛根を傷つけてしまったりします。より薄毛に効果のあるヘアブラシを選び、頭皮や髪の毛にダメージを与えない使い方をしましょう。まずはブラッシングの前に髪を濡らしましょう。そして髪が絡んでいるようであれば毛先から優しくとかし、次に根元をとかすようにしましょう。無理に全体に引っ張ってはいけません。事前に髪を濡らしておくことで髪がほぐれやすくなったり、静電気を防止することが出来ます。

頭皮の血行改善は薄毛や抜け毛で悩む人にはとても大切なことです。血行が良くなると新陳代謝も良くなり髪の成長に大きく影響するでしょう。たかがブラッシングと言わず、美髪をキープするためには正しいヘアブラシを選び、正しい使い方を心掛けましょう。髪の毛は年齢が出やすいものです。しっかりケアしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。